2007年6月 3日 (日)

愛犬との出逢い [2007/06/03 23:06]

【愛犬との出逢い】

僕と愛犬(まだ名前が無い)との出逢いは、2007年6月2日の事でした。

彼女と二人で、映画を観に出掛けた時に、
たまたま入ったペットショップで一目惚れしちゃった訳です。。
(>▽<;; アセアセ

彼女は最初、トイプードルっぽい仔犬を眺めたり

抱っこしたりしてたれど、
僕はその隣にいる仔犬に何故か目を奪われていました。

愛嬌のあるしぐさ(頭の上に自分の手を乗せたり、

立ち上がろうとして転がったり)に
年甲斐も無くメロメロになってしまった訳です。。

(@Д@;おおぉお。。こいつは。。

生き物を飼う訳だから、

中途半端な覚悟じゃ飼えない事はわかっていました。

だから最初は、諦めて帰りました(一時間くらい悩みました)。

でもね。。

次の日(って今日だけど)の朝には、

飼い主が決まって貰われて行ってたらどうしよう!!(/□≦、)
っていっても立ってもいられなくなり、知らない内に、

また電車に乗って会いに来ていました。

ちらっと見て店員さんに悟られたら連れて帰ってしまう

雰囲気になりそうだったので、また家まで帰ったんですけど。。。

これってやっぱり運命なのかな。。。

結局またお店に向かい、愛犬と暮らす事を決心した訳です。。

〔お店に向かう前の店員さんとのやり取り〕

僕:『あの子はまだいますか?』

店員さん:『ええっ。元気にしていますよ。 あの子待ってますよ。』

僕:『・・・そうですか。(´;ェ;`)ウゥ・・・』

僕:『一人暮らしなので、寂しがると思うんですが、本当に大丈夫でしょうか?』

店員さん:『ええ。大丈夫です。あまり構い過ぎるのもよくありません。

一日18時間は寝てるんですよ。 

ご飯は朝と夜の二回だし、玩具を入れてあげれば、遊び疲れて眠ります。
休日には一緒に遊んであげれば大丈夫ですよ。』

僕:『そうですか。。最初は、あの子には寂しすぎるかと思ったし、

家族の沢山いる方に飼ってもらう事が幸せだと思っていたんですが。。。

理屈じゃなくて、 ずっとあの子と暮らして行きたいし、

絶対にちゃんと面倒見るって決めたので、

他の人が連れて帰らないようにして貰えますか? 今から会いに行きますの で!!』

店員さん『わかりました。きっとその方が、ワンちゃんも幸せになれると思いますよ。』

ってな感じでした。。

何はともあれ、こうして僕と愛犬との新しい生活が始まったわけですが。。。
不安な事や嬉しい気持ちが混在しているけれど、
今は嬉しい気持ちを大切に、明日からしっかり父親頑張ります。

2007/06/03 23:55 愛犬のおとうちゃんゼルオ

| | コメント (0)